閉じる
閉じる
閉じる
  1. 社会人必須の資格?ビジネス実務法務検定の魅力は?
  2. 副業・独立開業するのに役立つ資格12個
  3. 役に立つ資格と役に立たない資格、就職に有利な資格について
  4. フランスの詩人、アナトール・フランスの名言
  5. 働く意味とは?あなたの人生設計を考えよう
  6. 備えあれば憂いなし!今すぐ入れておきたい防災速報アプリ
  7. 株主(出資者)の有限責任
  8. パレートの法則!学校の中であなたが幸せになれる方法【伊賀守政経塾】
  9. ファイナンシャルプランナーは副業に役立つ?FPの概要紹介!
  10. 現役社長が教える面接のホンネ【伊賀守政経塾】
閉じる

伊賀守政経塾@伊賀守龍之助オフィシャルサイト

呪怨の清水崇監督の異色航空機ホラー映画『7500』を観てみた

ジャパニーズホラーを海外に持っていったらこうなった、ていう感じ

ゾンビや密室できゃー!という感じのホラーではなく、ジャパニーズホラー独特のネットリと絡みつくような怖さ。

呪怨の監督、清水崇さんが得意そうな分野ですね。

そのジャパニーズホラーの巨匠が高高度飛行中の飛行機内で起こるホラーを撮影した映画『7500』。

AmazonやYahoo!映画の評価は残念ながらあまり良くありませんでしたが、モノは試し、観てみました。

結果は、期待を裏切り「おー、やっぱり面白いね」というのが率直な感想。ストーリーの構成もしっかりしてるし、登場人物一人ひとりのキャラが立ってるし、怖さの部分もマイルドにかつ、畳み掛けるように襲ってくる。

普段からホラー映画をふんだんに見ている私からすると「ヌルい」部類ですが、強いて言えばホラー映画というより「世にも奇妙な物語」の強化版みたいな感じですね。ネットリと怖いです。

怖さのジャンル的には、殺人鬼やモンスター系ではなく、呪術・オカルト・心霊系の怖さ。
キャスティングはほぼ全員外国人なので、日本人監督のジャパニーズホラーが何だかとてもミスマッチに思いましたが、実際に観てみれば割と合ってました。

肝心のストーリーは・・・
ここで書くよりも見た方が良いでしょう
割と安心して面白く見れますよ。見せびらかす女がウザいくらいで(笑)

この『7500』は、また忘れた頃に見たくなるホラー映画としてマイランクにランクインです(笑)

関連記事

  1. 伊勢津藩主、藤堂高虎の格言

  2. 誰も知らない、あなたが貰える「社会福祉」の恩恵とは

  3. 作るほど赤字になる「1円玉」の製造費

  4. ビジネスマン必見。ちょっとデキる人に見られる5つの文房具

  5. 法人設立の要!「会社名(商号)」について

  6. 金は使うべき場所に投資を ─ 黒田官兵衛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

現役シェフが挑む料理ゲーム【俺の料理

L4D#1 ゾンビが苦手な人間に無理矢理やらす!生き残れるか?【Left4Dead】

【紫炎龍】昔なつかしアーケード元祖大量弾幕シューティングゲーム!大爆笑の弾幕から生き残れるか!?

ページ上部へ戻る