閉じる
閉じる
閉じる
  1. 社会人必須の資格?ビジネス実務法務検定の魅力は?
  2. 副業・独立開業するのに役立つ資格12個
  3. 役に立つ資格と役に立たない資格、就職に有利な資格について
  4. フランスの詩人、アナトール・フランスの名言
  5. 働く意味とは?あなたの人生設計を考えよう
  6. 備えあれば憂いなし!今すぐ入れておきたい防災速報アプリ
  7. 株主(出資者)の有限責任
  8. パレートの法則!学校の中であなたが幸せになれる方法【伊賀守政経塾】
  9. ファイナンシャルプランナーは副業に役立つ?FPの概要紹介!
  10. 現役社長が教える面接のホンネ【伊賀守政経塾】
閉じる

伊賀守政経塾@伊賀守龍之助オフィシャルサイト

法人設立の要!「会社名(商号)」について

会社名(商号)とは

まずは、会社の名前(法律上は「商号」といいます。)を決めないと始まりません。

会社名の前か後に必ず「株式会社」を入れなければならないということ以外は、原則として、自由に会社名を決めることができます。ただし、すでにある会社と同じ名前で、かつ、同じ本店所在地では、会社をつくることはできません。

会社名と本店所在地によって、会社が区別されるからです。

では、本店所在地が違っていれば、すでにある会社と同じ会社名でも会社がつくれるのでしょうか?

答えは「YES」です。
ただし、すでにある会社名と同じ会社名または類似した会社名を使用すると、会社法や不正競争防止法上、問題になる可能性があります。

また、商標登録されているものと類似した名称を使うのも、後に問題になる可能性があるので、避けた方が良いでしょう。

本店所在地

読んで字のごとく本店がある場所のことです。

本店所在地も自由に決めることができます。本店所在地によって、その会社の法務局の管轄が決まります。

ですので、本店所在地が決まったら、管轄の法務局を確認しておきましょう。その法務局へ設立の登記を申請することになります。

目的(業務内容)

会社の目的を決めておく必要があります。

目的とは、簡単に言いますと、業務内容のことです。
会社の目的は、誰が見てもわかるような明確なものである必要があります。

あまり一般的には知られていない業務内容や、まったく新しい業務内容を会社の目的とする場合には、設立の登記を申請する法務局との打合せが必要です。

また、国や地方公共団体の認可や許可、届出などが必要な業務内容については、決められている文面でなければならない場合がありますので、注意が必要です。

関連記事

  1. 金は使うべき場所に投資を ─ 黒田官兵衛

  2. 作るほど赤字になる「1円玉」の製造費

  3. 伊勢津藩主、藤堂高虎の格言

  4. 呪怨の清水崇監督の異色航空機ホラー映画『7500』を観てみた

  5. 中国とイラク、4000億ドルを払い対米軍事同盟を締結した模様

  6. 報告と連絡、相談は基本中の基本。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

現役シェフが挑む料理ゲーム【俺の料理

L4D#1 ゾンビが苦手な人間に無理矢理やらす!生き残れるか?【Left4Dead】

【紫炎龍】昔なつかしアーケード元祖大量弾幕シューティングゲーム!大爆笑の弾幕から生き残れるか!?

ページ上部へ戻る